@ 知育
 家庭的な雰囲気の中で明るく元気にすくすく伸びよう。


≪考える子ども≫

・生活の中でことばへの興味や関心を育て、豊かな情操、思考力、表現力の基礎を培う。

・自然の世界に多く触れ、豊かな体験を通して自分なりに物を見たり感じたり考えたりして、豊かな
感性と創造性の芽生えを培う。

・自然に対する知的興味や関心を育て、思考力、認識力を培い、科学的に観察する力を養う。

・将来につながる脳を鍛える学習により集中力とやる気を育む。

・週に1回、英語・造形・音楽教室を実施し多くの経験で自信をつける。


≪身辺処理のできる子ども≫

・食事、排せつ、睡眠、着脱衣、清潔などの正しい習慣を繰り返し自立の芽生えを養う。

・身の回りの簡単なことは、自分で処理する力を育む。

・何をしなければならないか自ら考え行動できる子どもを育む。


A 徳育
 思いやりを持って心と心のふれあい豊かに。


≪仲のよい子ども≫

・積極的にあそびや生活ができるようにし、自主協調といった社会生活の基礎となるような態度を養う。

・相手の人権を尊重し、思いやりのある心を育てる。


≪生きる力を持った子ども≫

・自然の中で友だちと関り活動する中で、正しいと思うこと分かりやすく話し、行動する力や困難に
立ち向かい我慢する力を育む。

・大家族のような環境の中で、上の子が下の子の面倒を自然に見て、親密な兄弟体験で協調性

・思いやりの心・豊かな人間性を育む。


B 体育
 遊ぼう・丈夫なからだ。


≪元気な子ども≫

 ・歩く、走る、跳ぶなど戸外での活動を十分に楽しむ。

  ・健康で十分な発育ができるよう薄着の習慣を身につける。
・運動や休息、栄養をとり、規則正しい生活をおくり、自ら安全を守るような生活習慣及び態度を身 
 につける。

 ・くつろいだ雰囲気の中で情緒が安定し、意欲的にあそぶ力を育む。

 ・室内では1年中、温暖な時期は園庭も裸足で丈夫な身体をつくる。



C 食育 “食べる”を通して楽しく学ぶ。

≪約束を守る子ども≫

   ・手を洗う、みんなで準備することで、友達と楽しく美味しく食事。
  ・“いただきます”“ごちそうさまでした”感謝の心を育む。

   ・よく噛み、食器を正しく持ち良い姿勢で食べる習慣を身につける。
  ・
食べられる量を自分でよそい、所定の場所へ片付けることで自分で考える力を育む。

≪想像力が膨らむ子ども≫
   
  ・
月一回のクッキングに参加し食に対する興味や想像力の幅を広げる。
   園の畑で食物栽培や収穫の喜びを体験。自然の中から、食物の色や形を知り料理されることでの変化を知り
      食べることへの意欲を繋げ、うれしい・おいしい・たのしいを育む。
   ・うす味の調理に慣れるよう、和食の献立を取り入れる。また、行事食・郷土料理など季節ごとに
   味わう楽しさを知る。


     
知育・徳育・体育・食育 〜さくらんぼ保育目標
    



   保育園紹介     保育目標    総園長コラム     カリキュラム      アルバム   一時・特定保育    さくらんぼだより     支援センター  


 TOP